企画について

様々なハードルを乗り越え(森田芳光を通じて)実現する「夢のプロジェクト」

映画製作におけるスタジオシステム自体が崩壊した後、80年代以降に活躍した、新しい時代の代表である森田芳光監督。

それゆえ全作品を全集形式で発売販売することは極めて難しく、多数の映画会社や権利元、関係会社の垣根を超え、一人の監督が生涯に残した豊潤なフィルモグラフィーを一つの商品パッケージに収録するという試みは世界でも類を見ない前代未聞のプロジェクトです。

また、文化や芸術、エンタテインメントが大量かつ刹那的にひたすら消耗され、忘れ去られつつある時代に、一回購入したら何度でも観られる、”形”あるものに整理し集約することによって、作品単体は勿論のこと全作品を総合的な視野で俯瞰し、研究し、そして徹底的に作品を愛で、楽しみ尽くす喜びや価値を想起させる企画こそ、”森田芳光監督”の壮大なラインアップのコンプリートに他なりません。

先見の明を持ち、時に時代の先を行き、時には時代とともに歩んできた森田監督の膨大な作品群を皆様に形としてお届けすることは、作品だけでなくその時代を振り返るのに最適なアイテムであり、未来へと繋がるエポックメイキングな取り組みです。