作品一覧

の・ようなもの (1981年) 初Blu-ray化

監督・脚本・企画:森田芳光
出演:秋吉久美子・伊藤克信・尾藤イサオ

《人間って、なんて面白いんだろう。》

森田芳光監督の劇場用映画デビュー作。古典落語の修業に励む二ツ目の落語家、志ん魚は23歳の誕生日、初めてソープランドに行く。そこで出会ったソープ嬢エリザベスと惹かれあい、デートを重ねるようになる。そんなある日、志ん魚は女子高の落研からコーチの依頼を受けた。そして部員の一人、由美とのデートにこぎつけたが、由美の父親の前で一席噺をしたところ、ちっとも面白くないと言われ、大いに傷ついてしまう。その頃、先輩の落語家志ん米の真打ち昇進が決まる。先輩の昇進を喜ぶと同時に取り残されたような気持ちの志ん魚は、その夜仲間と将来の夢を語り合うのであった・・・。

の・ようなもの

ボーイズ & ガールズ (1982年) 初ディスク化

監督・脚本:森田芳光
出演:薬丸裕英 、本木雅弘、布川敏和

《16歳 夏、シブがき隊は青春アドベンチャー》

人気グループ“シブがき隊”の映画進出第一作で、三人の男子高校生がリゾート地で体験する恋と冒険の物語。

シブがき隊 ボーイズ & ガールズ

(本)噂のストリッパー (1982年)

監督・脚本:森田芳光
出演:岡本かおり・宮脇康之・太田あや子

《七色のスポットに彩られた、狂乱のライブ・ステージ》※成人映画

"《七色のスポットに彩られた、狂乱のライブ・ステージ》※成人映画
場末のストリッパー・グロリアにぞっこんの純情青年の洋一は、いつも彼女の裸体で悶々の日々。他の劇場に移ったグロリアはお金欲しさに本番マナ板ショーを行って洋一を驚かさせる。しかしいつしか洋一もマナ板ショーに魅了されてしまう。 "

(本)噂のストリッパー

ピンクカット 太く愛して深く愛して (1983年) 初Blu-ray化

監督:森田芳光
出演:寺島まゆみ・山口千枝・井上麻衣

《コミカル・タッチで綴る森田芳光ロマン・ワールド!》※成人映画

超ミニスカートでお客さんを悩殺するお色気理容室を、ヤリクリしている大学生のまみ。大学の単位取得は教授へのお色気攻勢で大丈夫。そんな彼女の店に最近出入りするようになったのが、就職が決まらずにアセっている明だ。恋人の由加が、口とカラダで応援してくれるものの、採用通知は全然来ない。由加はあきれ始めていた。一方、まみは、理容室で働くツッパリ娘の“シコシコ・サービス”が悩みのタネ。さみしくなって、明に電話をかけると理容室に呼んだ。まみは、明のシェービングをおえるとホッペをスリスリ。ふたりは、ゆっくりキスをした…。

ピンクカット 太く愛して深く愛して

家族ゲーム (1983年)

監督・脚本:森田芳光
出演:松田優作・宮川一朗太・伊丹十三・由紀さおり

《僕の受験で家中がピリピリ鳴っててすごくウルサイんだ!》

沼田家では次男・茂之の高校受験を控えてピリピリした毎日が続いていた。両親の計らいで、家庭教師がつくことになるが、やってきた吉本と名乗る男は三流大学に7年も在籍している男。との教育指導も一風変わっていたが、茂之の成績は徐々にアップして行く。そしてそれにつれて沼田家にもある変化が…。キネマ旬報ベスト・テン 第57回(1983年)日本映画ベストワン。

家族ゲーム

ときめきに死す (1984年)

監督・脚本:森田芳光
出演:沢田研二・杉浦直樹・樋口可南子

《見ず知らずの三人が同居して…、何をしに来ているのだろう。》

謎の組織の指示を受け、海辺の町の別荘にやってきた寡黙な男・工藤。そこには彼の世話をするために雇われた、自称、歌舞伎町の医者・大倉が待っていた。静かな共同生活を始める彼らにもうひとり、組織から派遣された若い女・梢が加わる。ある日、大倉は、急速に勢力を伸ばしつつある新宗教の会長がこの町にやってくることを知る。工藤はこの会長を暗殺するための刺客だったことを察する大蔵。3人の緊張は一気に高まっていく…。

ときめきに死す

メイン・テーマ (1984年)

監督・脚本:森田芳光
出演:薬師丸ひろ子・野村宏伸・桃井かおり・財津和夫

《愛って、よくわからないけど傷つく感じが素敵…》

みつけたいもの・・それは本当の自分。自分の<メイン・テーマ>を探しに旅にでた彼と彼女の物語 小笠原しぶきは明るく元気な幼稚園の新米先生。ひょんなことから房総の海岸で4WDピックアップでマジックの修行中の健という青年と出合い、旅にでることになった。旅の途中で出合ったジャズ歌手への嫉妬。園児の父親へのひそかな憧れ。しぶきの思いとはうらはらに、大人たちの恋愛模様は時を構わずに進行して行く。

メイン・テーマ

それから (1985年) 初Blu-ray化

監督:森田芳光
出演:松田優作・藤谷美和子・小林薫・笠智衆

《あの青春の、決着はついていない。》

日本文学最高峰の『古典』と『感性』の究極の融合。森田芳光監督、松田優作主演、衝撃的文芸大作と絶賛された漱石ロマンの最高傑作。高等遊民を自認する主人公・代助は、あえて定職も持たず妻帯もせず、ひたすら友人・平岡の妻・三千代を密かに想い続けていた。その平岡夫妻との三年ぶりの再会。互いの愛を断ち切ることのできないものと知った代助と三千代は、やがて覚悟して道ならぬ恋へ…。

それから

悲しい色やねん (1988年) 初Blu-ray化

監督・脚本:森田芳光
出演:仲村トオル・高嶋政宏・藤谷美和子・石田ゆり子

≪極道の秘蔵っ子が動き出した時、男と男の友情がきしみ、親と子の情がうめき、男たち女たちの愛がゆがむ≫

極道の秘蔵っ子が動き出した時、男と男の友情がきしみ、親と子の情がうめき、男たち女たちの愛がゆがむ。任侠ヤクザ映画にかつてないユニークかつ重厚な人間像を表出した作家・小林信彦の書き下ろし原作をもとに、脚本・監督を務める森田芳光が、新たな視点を加えて描破。一種独特の極道世界が話題を呼んだ、異色ヤクザ映画。

悲しい色やねん

愛と平成の色男 (1989年) 初ディスク化

監督・脚本:森田芳光
出演:石田純一・鈴木保奈美・武田久美子・鈴木京香・財前直見

《昼間は歯科医、夜はジャズメン、夜中は不眠症。24時間遊べる男のちょっといいハナシ。》

昼はエリート歯科医、夜はサックス奏者という24時間休む事なく活動する35歳の独身男性・長島道行と、彼に関わる数人の美女たちを綴ったラブ・ストーリー。

愛と平成の色男

キッチン (1989年) 初Blu-ray化

監督・脚本:森田芳光
出演:川原亜矢子・松田ケイジ・橋爪功

《キッチン、大好きです!》

吉本ばなな原作のベストセラー小説を映画化。「私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う」という天涯孤独の女の子と、風変わりな親子の奇妙な同居生活を描く。

キッチン

おいしい結婚 (1991年) 初ディスク化

監督・脚本:森田芳光
出演:三田佳子・斉藤由貴・唐沢寿明・田中邦衛

《業界で一番好きな人と結婚したい。》

質屋を営む未亡人、美枝子は一人娘ののんを条件のいい見合いで結婚させようとするが、のんは会社の同僚・川又を恋人に仕立て断ろうとする。ところがいつしか2人は恋に落ち、本当に結婚することになるが、今度はその結婚式をめぐって両家に様々な出来事が起きる。

おいしい結婚

未来の想い出 Last Christmas (1992年) 初Blu-ray化

監督・脚本:森田芳光
出演:清水美砂・工藤静香

《私達が想うことが未来なのよ、それを信じてみましょうよ。》

誰もが夢みるリプレイ願望、その生活はワクワク、ハラハラときにはドッキリしながら、時間の意識の流れに入り込んで自分の『ほんとう』の人生を考えてしまう…。藤子・F・不二雄&森田芳光、2人の巨匠が贈る、“少し不思議でロマンチック”な物語。

未来の想い出 Last Christmas

(ハル) (1996年) 初Blu-ray化

監督・脚本:森田芳光
出演:深津絵里・内野聖陽・戸田菜穂・宮沢和央

《まだ見ぬあなたに、恋してる》

恋人を亡くし、恋愛を拒否し続けた女と、恋人と別れ自分を見失いかけていた男。遠く離れた場所に住む2人は、パソコン通信で出会い、一度も顔を合わせることなく、お互いを理解しあい、支えあい、そして恋に落ちる…。やがて、期待と不安の入り交じった気持ちを胸に"「はじめまして」(^-^)"と出会うまでの軌跡。

(ハル)

失楽園(1997年)

監督:森田芳光
出演:役所広司・黒木瞳・寺尾聰・木村佳乃・柴俊夫・星野知子・中村敦夫

《そのたびごとに違う、深くなっていくの》

男と女はここまで愛し合えるのか。渡辺淳一のベストセラー小説を映画化した、息をのむ究極の愛。出版社に勤務する久木は突然、閑職である調査室行きを命じられる。これまでの人生に虚無感を覚え始めた彼の前に凜子という美しい人妻が現れ、情事を重ねるように。やがて彼らの仲は、久木の妻、凜子の夫、そして久木の会社にも知れることになる。世間から孤立し、愛を深めていく久木と凜子が辿り着いた場所とは…。"失楽園"という言葉が流行語大賞にもなった。

失楽園

39 刑法第三十九条(1999年) 初Blu-ray化

監督:森田芳光
出演:鈴木京香・堤真一・岸部一徳・杉浦直樹・樹木希林

《あなたは 誰。》

第49回ベルリン国際映画祭コンペ部門正式出品作品。謎に満ちた猟奇的殺人事件の容疑者の精神鑑定に、女性精神医が挑む衝撃の法廷サイコ・サスペンス。

39 刑法第三十九条

黒い家(1999年) 初Blu-ray化

監督:森田芳光
出演:内野聖陽・大竹しのぶ・西村雅彦

≪この人間には心がない≫

第4回日本ホラー対象を受賞した貴志祐介による同名小説を映画化。 生命保険会社に勤務するサラリーマンに襲い掛かった、保険金詐欺夫婦による恐怖を描いたサイコ・ホラー。

黒い家

模倣犯(2002年) 初Blu-ray化

監督・脚本:森田芳光
出演:中居正広・山崎努・伊東美咲・津田寛治・藤井隆・木村佳乃

《ナゼ、人ヲ殺シテハ イケナイノ?》

宮部みゆきのミステリー小説を映画化。犯罪における加害者の立場と被害者周辺の双方を両立して描いていく。理由なき犯行の恐怖性や、TVやインターネットなどのメディア批判、そして原作とは異なるラストの展開に賛否が飛び交った話題作。

模倣犯

阿修羅のごとく(2003年) 初Blu-ray化

監督:森田芳光
出演:大竹しのぶ・黒木瞳・深津絵里・深田恭子・仲代達矢・八千草薫

《女は微笑む顔で、鬼になる。》

向田文学の最高傑作を映画化した、ときに優しくときに辛らつな "4つの愛の形"。昭和54年の冬、久しぶりに集まった竹沢家の4姉妹は、70歳を迎える父に愛人と子どもがいることを知らされ、それを機にそれぞれが抱える人生の悩みに直面していく…。

阿修羅のごとく

海猫(2004年) 初Blu-ray化

監督:森田芳光
出演:伊東美咲・仲村トオル・佐藤浩市・蒼井優・三田佳子

《俺はいやだよ 兄貴があんたを抱いた》

1980年代の半ばの北海道、函館。ロシア人の血を受け継ぐ薫は、南茅部の漁師・邦一に嫁いでいった。しかし、なかなか漁師の生活になじめず苦労する薫は、いつしか邦一の弟で自分を恋い慕う広次と結ばれてしまう…。谷村志穂の同名小説原作のラブロマネスク。

海猫

間宮兄弟(2006年)

監督・脚本:森田芳光
出演:佐々木蔵之介・塚地武雅・常盤貴子・沢尻エリカ・北川景子
原作:江國香織『間宮兄弟』(小学館・刊)

《小さな幸せがいっぱい》

間宮明信と徹信は仲のいい兄弟。それぞれ立派な社会人だが、趣味、価値観、モテなさ加減も一緒のふたりは、仕事以外、ほとんど行動をともにしている。ある日、カレーパーティを企画したふたりは、それぞれちょっと気になる女性を招待する。一方、明信は会社の先輩の離婚に協力を求められ困惑。兄弟ふたりの平和な生活に変化が訪れる…。

間宮兄弟

サウスバウンド(2007年) 初Blu-ray化

監督・脚本:森田芳光
出演:豊川悦司・天海祐希・北川景子・松山ケンイチ

《この一家、どこへ行っても何かある!!》

奥田英朗のベストセラー小説の映画化。ユニークで過激な父親に引っ張られ東京から西表島へと奔放に旅立つ理想の家族を描いた、パワーとソウルあふれる家族愛コメディ。

サウスバウンド

椿三十郎(2007年) 初Blu-ray化

監督:森田芳光
出演:織田裕二・豊川悦司・松山ケンイチ・中村珠緒・藤田まこと

《この男、時代を超えて生きている。》

黒澤明の傑作を、脚本はそのままに21世紀のキャスト&スタッフで映画化。とある藩で、九人の若侍たちは、上級役人の汚職・不正を暴くために立ち上がったが、逆に悪人の手によって、絶体絶命の危機にさらされた。その時、一人の浪人が現れ、九人の生命を救った。彼の名は、椿三十郎。正義を貫こうとする若者たちの純粋さに、心打たれた三十郎は、若者たちと共に巨悪に挑むことにするが、彼らの前には幾多の困難が待ち受けていた……。

椿三十郎

わたし出すわ(2009年) 初Blu-ray化

監督・脚本:森田芳光
出演:小雪 黒谷友香 井坂俊哉 山中崇・小澤征悦 小池栄子・仲村トオル

《独りじゃないから きっと》

(ハル)以来となる、13年ぶりの完全オリジナル作品。摩耶が、突然、東京から故郷の函館に帰ってきた。彼女は高校時代の友達の"夢"や"希望"を実現しようと大金を差し出す… 果たして摩耶の資金の出所は?彼女の目的とは?そして大金を受け取った友人たちの夢の行く末は…?「わたし出すわ」のその先に、それぞれの未来が見えてくる。

わたし出すわ

武士の家計簿(2010年)

監督:森田芳光
出演:堺雅人・仲間由紀恵・松坂慶子・西村雅彦・草笛光子・中村雅俊
原作:磯田道夫『武士の家計簿「加賀藩御用算者」の幕末維新』(新潮新書刊) 企画協力:新潮社

《刀ではなく、そろばんで、家族を守った侍がいた。》

激動の幕末で"算盤さむらい"と呼ばれ、加賀藩の算用者として財政に関わる下級武士と、その妻の慎ましく生きる姿をつづる。

武士の家計簿

僕達急行 A列車で行こう(2012年)

監督・脚本:森田芳光
出演:"松山ケンイチ・瑛太・貫地谷しほり・松坂慶子

《ココまで来たら、世界のどこだって行ける!!》

森田芳光監督からのラストエール。恋と仕事と好きなコト。仕事は快速!恋は各駅停車… 監督の遺作となった、鉄道マニアの青年たちが恋に仕事に奮闘するハートフルコメディ。

僕達急行 A列車で行こう